投資と健康を考える女

2016年から株式投資、2018年から不動産投資を開始。経済的、精神的自由を得るために色々実践中です。

次でTOEIC900とるためのロード(道)を描く

この記事をシェアする

f:id:angelicainvestment:20191102164810p:plain

OLなっちゃんの影響を受けすぎているタイトル・・・

影響されやすいんだ、ごめんな・・・

 

現状880点ということで、ようやく終わりが見えてきた本チャレンジ

(いや本当は今回で終わりにしたかったし、終われたとも思うが)

正直スコアを見た時、3ヵ月毎日1時間勉強した効果があらわれてホッとした、というのが第一の感想であった

また800点とかだったらブログ爆破して、何も無かったことにしようと思ってたワケ

TOEICほど手応えとスコアに乖離のあるジャンルはなかろう・・・

 

さて本題

もういい加減TOEIC飽きたし、ツマランMAXだし、お金はかかるしなので早く辞めたい

5月23日受験時時点の実力が、L:450、R:430

900点の理想スコアは、L:470、R:430らしい(理想=達成しやすい)

この水準で考えるならば、Rは一旦のレベルには到達したということ

268回の受験後感想記事を見ると、Part2と5が分からんかったようだ

また、公式問題集解きまくり戦法で一定の成果が見られたことなどをふまえ、以下に戦略を記す!!

 

リスニング

引き続きPart2~4を1.2倍速で回していく

(Part1は略)

Part3.4をやるうえで、今まで設問の先読みしかしていなかったが、選択肢の先読みもやっていく

こうすることで途中の飽きを防ぐ作戦である

Part2は対策したところでなぁ・・・って気がするので普通に解く

たぶん否定疑問文とDo you know where~?みたいな疑問が複数あるやつ(なんていうの?)が苦手くさいので、そういうの練習したい

(願望)

リーディング

公式問題集に加え、文法特急を回すことにする

これでPart5の取りこぼしを防ぐ作戦

読解特急も少し触ってみたのだが、連続で量をこなすのに不適な気がしたので公式問題集で良いかという気がする

スピードを維持するには、シングル25分、ダブル/トリプル30分という時間制約ありきで解いていく必要があると感じた

読解特急だと、その練習が難しい印象(1パラが多いので)

語彙力というより、解くテンポ、とりわけ文構造をいかにサクっと理解していくかってのが重要な気がしたワケ

 

よし、とりあえずこんな感じで良いだろう

てか模試やってる感じでは、普通に900いけると思うのだが!?

 

あと1ヶ月で仕上げるぞい!!