投資と健康を考える女

2016年から株式投資、2018年から不動産投資を開始。経済的、精神的自由を得るために色々実践中です。

株価が下がり続けるアートスパークを決算後も握っている件

この記事をシェアする

NISA口座だからというのが最大の理由ですが()

決算とIRへの問い合わせから今の考えを纏めておこうと思います。

玄人の皆様からみると( ´,_ゝ`)プッって感じかもしれませんが恥を恐れず書くぞい

f:id:angelicainvestment:20190810170511j:plain

 

2019年第二四半期決算

買ったのは第一四半期を見て買ったんですが、第二四半期で見事に売られ大絶賛含み損()

対前年同期比で売上+32%、営業利益▲19%となっています。

売上が伸びているのに利益が減っているわけですが、その要因は”のれん償却費(100M円)”とのこと。

f:id:angelicainvestment:20190810171459j:plain

のれん償却費を除くと対前年同期も一応プラスになりますね。

 

では、本業の状況はどうなんだ!といいますと・・・

売上の7割を占めるクリエイターサポート事業では売上高&利益で2桁成長。

UI/UX事業は売上は+46%の一方で利益はのれん償却を除いてもマイナス。

おーい!!マイナス成長やないかーい!!

f:id:angelicainvestment:20190810171900j:plain

 

ということでIRに聞いてみました

IR曰く、

  • UI/UX事業は顧客の検収時期によって波があるよ
  • 将来を見据えて戦略的に利益率の低い仕事をとることもあるよ
  • 上記は今までと変わってないで★

なのでダイジョーブ★と言っているように聞こえました(空耳

本当は上記の傾向を事前に調べて知っていたら、決算前の高いところで一旦利確するとかできたのでしょうが、そこまでの力はありませんでした。。。反省。

 

まとめ

ということで含み損に慣れすぎたこともありますが

  • メイン事業は2桁成長と目覚ましい成長である
  • サブ事業もマイナスだけど、やらかしたということではなさそう
  • そもそも現物で枚数少ないから被弾してもまぁ・・・(え!?

ということでアホールドしています。

本当は切った方が資金効率はいいんだろうなぁ・・・